鳥屋ブログ

雪だるま

雪だるまです

yukida1.JPG

葉っぱ、刺してみたりして

yukida3.JPG

yukida4.JPG

yukida5.JPG

yukida6.JPG

yukida7.JPG

yukida9.JPG

あっ

 yukida10.JPG

溶けてきた

yukida11.JPG

あれれ

yukida12.JPG

では、また・・・

yukida13.JPG

                 (総務経理部K.T)

酉年

「おい、今年の干支は何や?」

「酉や」

 

本年も「鳥屋」をどーぞ宜しくお願いいたします

                                            (総務経理部K.T)

54年ぶり

「真冬並みの寒気の影響で、東京では平年より40日早く

初雪を観測しました。

11月での初雪は1962年以来、54年ぶりです。」

こちら高崎でもこんな感じです

yuki2016.JPG

yuki2016②.JPG

お日様さえあれば、年中無休!当社の稼ぎ頭「太陽光発電」くん

パネルにも積雪し、本日開店休業

一日遅れの勤労感謝の日です

yuki20163③  (1).JPG

ところで、このブログ半年ぶりです

54年ぶりに比べたら・・・

                   (総務経理部K.T)

Happy Wedding

takayama.jpg

工事部 Tさん

いつまでもお幸せに!

                      (総務経理部K.T)

 

工場見学(大阪・京都)

こんにちは!久しぶりの更新です。

 

今回は、今月行って来ました「大阪・京都 工場見学」のご報告です。

1日目は大阪、「扶桑機工㈱」様です。

扶桑 正面.JPG

 

扶桑 工場入口.JPG

 

扶桑 工場内.JPG

 

扶桑 出荷待ち.JPG

 

こちらの主な製品は

アンボンドブレース :伸縮し揺れを吸収する中心鋼材の周りを鋼管で覆い、スキマをコンクリート充填するこ

                                  とにより折れない(座屈を拘束する)。 アンボンドなので、中心鋼材とコンクリートは

                                   が切れています。コンクリートに力が伝わらないことで座屈せずに長く安定して性能を

                                   発揮します。

 トラスジョイント      :トラスをつなげる、ボール状の鋼材。(精度が求められます)

 エコパイル(杭)     :先端が羽根状なった鋼管を回転させて掘削し地中に貫入する。

 免震U型ダンパー   :U字型の鋼材が揺れを吸収します。建物に合わせた豊富なラインナップと優れたコスト

                                    パフォーマンスが特徴です。損傷を目視でき、部品交換も可能です。

橋脚用アンカーボルトなどです。

工場内は整理整頓され大変きれいですし、複雑な加工が施された部材が散見され、技術力の高さがうかがえました。工場などの写真撮影は禁止のところが多いですが、こちらはOKでしたので、いろいろ撮らせていただきました。

 

扶桑 中心鋼材.JPG

 

扶桑 免震ダンパー.JPG

 

扶桑 特盛.JPG

 

扶桑 B-UP.JPG

 

扶桑 B-UP端部.JPG

 

扶桑 ?①.JPG

 

扶桑 ?②.JPG

 

2日目は京都、「岡部㈱京都工場」様です。

 

岡部㈱京都工場.JPG

 

こちらではベースパックの製造が主ですが、他の建築部材の配送拠点にもなっていました。

製造から出荷体制まで、かなり機械化されてシステマチックになっており、安全かつ迅速な対応が可能とのことでした。

「歴史のある工場ですが、創業当時は十分だった敷地が、今となってはいろいろ手狭です」とおっしゃっていました。

こちらも工場内は整理整頓が行き届いており、実際に働く方の意識が高いと感じますし、「キレイな工場から

は、キチンとしたものができる」と改めて思いました。

残念ながらこちらの工場内は撮影禁止でした。(あたりまえですね)

自分の直接取り扱う商品の製造上の特徴や苦労を知ることで、より理解も深まり、愛着すら出てきます。

直接見ることで、「わかること」「感じること」があります。

 

今回の関係者の方々に改めて、深く御礼を申し上げます。

ありがとうございました。

                                            鋼材部(N.U)

新年会

ご無沙汰しております

 

先日某会社の新年会に行ってまいりました

その会社は、群馬県から「優良企業」として表彰されたり

一丸となる雰囲気といい、素晴らしい会社だと思いました

  

その催し物の一つに、「上州管領太鼓(じょうしゅうかんれいだいこ)」の

演奏がありました

 目の前で見ると太鼓の振動が体に響き、かなりの迫力です

 tekken1.JPG

さらに、その会社の社長、若い社員が参加した

「恵方巻き(φ40 ℓ=2501本 早食いフードファイト」が行われ

なんと参加してしまいました。

 

そしてなんとなんと

優勝しましたー!

tekken2.JPG 

まだまだ若いもんには負けーん!

 

ありがとうございました 今年もよろしくお願い致します。

                         (鋼材部 N.U)

あけましておめでとうございます

28.1.1.JPG

今年は、バランス感覚を磨こうかと。。。

              2016年 元旦

             (総務経理部K.T)

観察日記 final(124日目)

ひさびさにお日さまが顔をのぞかせてくれました

クローバーさんたちは、いかがなご様子でしょうか?

実は、すくすくと育ってくれたおかげでプランターが

手狭になり7月18日に引越しました

(引越しのご案内をお出ししなくてゴメンなさい)

clover101.JPG

引越し後 ↓ (新住所は、高崎市花壇内)

clover102.JPG

やはり地植えは栄養が良いのか、たくましく育っています

さらに近隣ともうまくやっています

clover103.JPG

 clover104.JPG

あの四つ葉のクローバーは、今は見当たりません

確かにありましたが...

幸運は掴めたのかどうか?

こうやって、ぐだぐだとブログを書いてられることが

幸運ということですかね

                     おわり

                 (総務経理部K.T)

至仏山でした

どうも「登山部」です

今回の挑戦は、至仏山!!

(鳩待峠→山の鼻→至仏山→小至仏山→鳩待峠)

至仏山は尾瀬国立公園に属しております

なので、マイカー規制

鳩待峠までは乗り合いタクシーです

shibutsu2.JPG

「至仏山頂までお願いしま~す」

なーんてタクシーに乗り込み、30分程で鳩待峠

shibutsu1.JPG

で、いざ出発!

shibutsu.JPG

鳩待峠から山の鼻まで約3.3kmは、標高差で約200mの下り

...なのでスイスイです

shibutsu4.JPG

shibutsu3.JPG

目指すは、あの山

山の鼻から標高2228mの至仏山頂まで約2.9km

上り専用の登山道をひたすら登ります(標高差約800m)

shibutsu5.JPG

   (尾瀬ヶ原と燧ケ岳)

shibutsu6.JPG

見た目は、やさしそうですがいやいやどうして、

登山道はほぼ直線、急坂のうえに岩場が多くて滑り易く、

進むにつれて日陰はほとんどありません

 shibutsu7.JPG

shibutsu8.JPG

いや~キツイ、危険、暑い

危うく「仏(ホトケ)に至る」かと

で、やっと、到着~!

 shibutsu9.JPG shibutsu0.jpg

絶景です

shibutsu11.JPG

お次は、小至仏山へ

shibutsu10.JPG

あとは、5km下って元の鳩待峠へ

あー、遠いぞー

(真ん中の小っちゃいとこ ↓ )

 shibutsu12.JPG

shibutsu13.JPG

全行程約11kmの道のりを7時間、飲んだ飲料3リットル!

やっと 到着です!

ただ、このたびの登山、余りにもヤラれてしまったのか、はたまた

登山部いよいよ倦怠期なのか、部員たちの会話も少なく、皆さまに

お伝えするほどのエピソードも面白話もありませんでして...

心より反省する次第です

                         (総務経理部K.T)

観察日記 vol.8(51日目)

clover17.JPG

What is this?

It's a four leaf clover.

Really~?

                             To be continued.

                                                                                  (総務経理部K.T)